酵素サプリの選び方-選び方の基本と注意点

酵素サプリの選び方ってどうすればいいんだろう?

販売されている商品の種類が多くて、何を基準に選べばいいのか、どんなサプリに効果があるのかを判断するのは難しいでしょう。

ここでは、基本的な酵素サプリの選び方や注意点について解説します。

まずは目的に合わせて

酵素サプリにもいろいろなタイプや種類がありますが、まずは自分の目的が何かをはっきりさせることが大切です。自分の目的が決まれば、それに合わせて候補となるサプリを絞り込んでいきます。

例えば、ダイエットを目的とする場合もあれば、お肌をきれいにするという目的の場合もあるでしょう。目的によって選ぶべき酵素サプリが絞り込まれてきます。まずは、ここからスタートです。

続けられる価格か?

効果のある良い酵素サプリはたくさんありますが、それ相応の価格になる商品も多数あります。いくら効果のある素晴らしい商品でも、飲んですぐには効果が出るわけではありません。便秘解消を目的とする酵素サプリなら数日で効果が出るかもしれませんが、ほとんどの商品は時間がかかります。数ヶ月は使い続けないと、酵素サプリの良さはわからないのです。

数ヶ月間使い続ける際に重要なのが、商品の価格です。毎月かかるサプリの代金が負担に感じるような価格であれば、途中で飲むのを中断してしまう可能性があります。

そこで、商品を選定する前に、毎月の生活に負担とならない金額を計算しておき、その金額内で収まる価格の酵素サプリを選ぶといいでしょう。選ぶ際のポイントは、継続できる価格帯の商品であるかという点です。

エキスの含有量は?

酵素サプリに限ったことではないのですが、サプリメントにはいろいろな形状のものがあります。

どこへでも携帯するのが便利な錠剤やカプセルもあれば、ドリンクタイプもあります。
これらの種類によってエキスの含有量は違うので、酵素サプリを選ぶ際には商品パッケージなどで確認することが大切です。エキスの種類や含有量は効果を左右するものなので、しっかりチェックするようにしましょう。

飲みやすさはどうか?

飲みやすさも継続して使用するには大切なポイントなので、必ずチェックするようにしましょう。

飲みやすい酵素サプリかどうかをチェックする点としては、分量・形状などがあります。
1日あるいは1回あたりの摂る量が多過ぎると続かないので、商品のパッケージを確認してみましょう。
継続しやすのは、1粒の大きさがそれほど大きくなく、1日に飲む量も多くないタイプです。

また、形状はカプセルと錠剤のどちらかですが、味を気にせず飲みたいのであればカプセルタイプがおすすめです。

原材料と製造方法をチェック

酵素サプリの目的とも関係してくるのですが、原材料と製造方法についてもチェックするようにしましょう。
いろいろな商品が販売されていますが、どれも同じ原材料や製造方法であるわけではなく、オリジナルの原材料と製造方法の商品があります。商品ごとに効果が異なっているので、自分の目的に合うかをチェックしましょう。

●生酵素

原材料をチェックする際に生酵素かどうかをよく見てください。
酵素サプリは製造のプロセスで65度以上の熱を加えているため、50度以上の熱で壊れる性質のある酵素は壊れてしまう部分があります。ただし、壊れたままの状態なわけではなく、酵母菌などによって酵素は修復されるので心配ありませんが、吸収という点でやや不安があります。この点、生酵素は熱で処理されていないため、活きた酵素を摂ってしっかりと吸収できるのでおすすめです。

●発酵菌の種類

発酵菌の種類をチェックすることも大切です。
発酵菌の働きにより食材から酵素や栄養素が生み出されるので、発酵菌の種類が多いほど生み出される酵素や栄養素の種類が多くなります。また、分解する力の強い発酵菌を使うと食材がしっかりと分解され、食材の中から生み出される酵素と栄養素の質と量もアップします。

●熟成期間の長さ

熟成期間が長いほど、発酵菌により原材料から生み出された酵素や栄養素が豊富に凝縮されています。
発酵菌が原材料をしっかりと分解してくれるためです。酵素サプリを選ぶ際には、熟成期間が少なくとも2年間以上、可能であれば3年間ほどの商品を選ぶといいでしょう。

添加物はどうか

商品パッケージの裏側にはサプリメントの栄養成分が表示されているので、添加物が多いかどうかを確認しましょう。
商品によっては、添加物がたくさん含まれているものもあります。健康目的で飲むのでしたら、やはり天然の有効成分の多い商品の方がいいでしょう。

●食品添加物とは

食品添加物は、食品を製造するプロセスで加工や保存のために使用されるもので、化学合成品がほとんどです。食品衛生法で食品添加物の表示は義務付けられていて、加工食品にどんな食品添加物が含まれているかは必ず表示されています。食品添加物は法律で規制されているので安全なものではありますが、天然のものは少なく人工的なものがほとんどです。

●添加物が少ないほうがいい理由

酵素サプリを選ぶ際には、添加物の少ないものを選ぶようにしましょう。
食品添加物は法律で規制されているので安全なものとされていますが、たくさん摂ることで体に悪影響を及ぼすことがあります。できるだけ添加物の少ないものか、天然素材だけで製造してあるものを選ぶことが大切です。

●添加物が少ないものの見分け方

添加物は少ない方が良いのですが、簡単に見分ける方法があります。

商品パッケージの原材料について表示されている部分を見て、サプリメントの重さと栄養分の含有量をチェックします。いろいろな栄養分が含まれていれば、それらを合計した重さをサプリメントの重さから引くと、添加物の重さがわかります。
次に、添加物の重さをサプリメントの重さで乗じれば、含まれている添加物の割合が算出されます。これで、添加物が少ないかどうかを判断できます。

おすすめ記事

記事一覧