• TOP >
  • 酵素とは?

酵素とは?サプリや飲料として注目されている酵素の役割や働きを解説

酵素が健康に良いという噂は聞いたことがあるけど、具体的にどういう役割や働きがあるのか知らない人は多いでしょう。

酵素は私たちの身近にあるもので、人が生きていくために絶対になくてはならない存在です。

ここでは、サプリや飲料として注目されている酵素の役割や働きについて解説しますので、ぜひ参考にされてみてください。

酵素とは(酵素の果たす役割)

酵素とは、人体の働きを促進するたんぱく質で、体内でさまざまな役割を果たしています。体内へ取り入れた食べ物の栄養素を吸収したり、古い細胞と新しい細胞とを入れ替えるのを促したり、呼吸、脈拍、血液の循環などの人が生きていくために必要な活動に関与しています。

そのため、体内で酵素が足りなくなってくると、消化不良や肌荒れ、倦怠感など体調がおかしくなることがあります。
酵素とは、人が健康な生活を送っていくための重要な役割を果たしているものです。

人は食事によって栄養素を体内へ取り入れますが、それだけでは効果はありません。
酵素にサポートしてもらえないと、エネルギーに変えることはできないのです。いくら栄養をたくさん摂っても、エネルギーに変えて体内へ取り込めなければ、人の生命活動に役立つことはありません。酵素がなければ栄養をエネルギー変えることはできなくなるのですから、人の生命活動にとって大切な役割を果たしていることがわかるかと思います。

人間に関わる3つの酵素

人間に関わる酵素には体内酵素と食物酵素の2つに分類され、さらに体内酵素は消化酵素と代謝酵素に分類されます。

●消化酵素と代謝酵素は体内にある

消化酵素には、食べ物が体内で吸収されやすいように消化をサポートする働きがあります。
栄養素を分解する働きがあり、デンプンはアミラーゼ、たんぱく質はプロテアーゼ、脂肪はリパーゼというように栄養素ごとに作用する消化酵素は決まっています。分解された栄養素は、体内へエネルギーとして吸収されます。

消化酵素によってエネルギーに変換された栄養素を体内で働かせる必要がありますが、その役割を果しているのが代謝酵素です。
血液を全身へ送り出すこと、呼吸、運動、脳の働き、老廃物の体外への排出、免疫機能、新陳代謝など、人が生きていくために必要とされる活動に関わっているのが代謝酵素です。

この2つの酵素で体内酵素は成り立っていて、体内の酵素の量は一定に保たれています。
消化酵素を消費すると代謝酵素は不足した状態になり、代謝酵素を消費すると消化酵素が不足した状態になります。
食べ過ぎで消化酵素をたくさん消費すると、代謝酵素が減少して胃腸や肌の調子が悪くなります。病気になって代謝酵素がたくさん消費されると、消化酵素が減少して食欲が落ちたりします。

●食物酵素は食べ物に含まれている

食物酵素は生野菜やフルーツ、発酵食品などにたくさん含まれていて、食事で摂取すると体内の消化酵素の消費を最低限に抑え、体内酵素の減少に歯止めをかける働きがあります。
どんな食べ物にも含まれていて、消化酵素と代謝酵素をサポートする大切な役割があります。生野菜やフルーツ、お寿司を食べた後にお腹がスッキリした感じがするのは、食物酵素が食べ物の消化を助けてくれるからです。

酵素で期待できる働き

食べ物などで酵素を取ることで、次のような効果が期待できます。

●健康を維持できる

酵素には人の生命活動を促進する働きがあり、酵素不足になると健康な状態を維持できなくなります。
酵素を体内に吸収することで、体を健康な状態にして活力が沸いてくるのです。

●栄養が簡単に吸収できるようになる

酵素が不足すると栄養が消化吸収されにくくなるのですが、不足している酵素を補うことで栄養は吸収しやすくなります。

●免疫力を向上させる

酵素には免疫力を向上させる効果があります。
酵素を体内に取り込むことで、腸から栄養がしっかりと吸収されて病気に強い体になります。

●体重を減らしスリムになる

酵素には腸内を健康な状態にする働きがあり、体内の老廃物を正しく排出して体重を減らしスリムになる効果が期待できます。

●便秘にならなくなる

酵素は食物繊維の吸収を促進する働きがあり、腸内を健康な状態にして便秘にならなくなる効果があります。
また、酵素自体にも食物繊維が含まれているので、便秘解消に力を発揮するのです。

●肌がきれいになる

便秘は腸内から老廃物が排泄されず悪玉菌がたまっている状態で、肌荒れを引き起こしたりします。
酵素によって便秘が解消されると、肌もきれいになります。

●自律神経の不安定な状態を解消する

自律神経が不安定になると体内で酵素が作られにくくなり、体内の古い細胞と新しい細胞を入れ替える代謝機能が正常に働かなくなります。
酵素を取り入れることで、代謝機能を正常にして自律神経の不安定な状態を解消させることができます。

酵素サプリと酵素ドリンクの違い

酵素を含んだ食品にはサプリメントとドリンクの2種類があり、どちらにしようかと迷っている方もいるでしょう。
以下では、酵素サプリと酵素ドリンクをメリット・デメリットという観点から比較していますので、酵素食品を選ぶ際に参考にしてみてください。

●酵素サプリのメリットとデメリット

【メリット】
持ち運びがしやすい。
ドリンクでもペットボトルなどに入れて持ち運ぶことは可能ですが、やはり持ち運びが不便と感じる人もいるでしょう。
外出したり旅行へ行くときでも、酵素サプリなら気軽に摂取することができます。

酵素ドリンクよりも安い。
継続的に酵素を取り続けると効果が現れるのですが、価格が高いと続かない人もいるでしょう。
酵素サプリなら価格のことを気にすることはありません。

【デメリット】
ファスティングや置き換えダイエットには向いていない。
ダイエット目的で飲む場合、酵素ドリンクよりも吸収するのに時間がかかります。
その分、ダイエット効果を感じるまでに時間が必要となるので、ファスティングや置き換えダイエットに不向きなのです。

●酵素ドリンクのメリットとデメリット

【メリット】
酵素ドリンクは水などと混ぜて飲むことで空腹感を感じなくなるので、ファスティングや置き換えダイエットに向いている。

ジュースや炭酸水といっしょに飲むことで、飲みにくさを解消できる。

消化吸収が早く、効果を感じるのに時間はかからない。

【デメリット】
液状であるため持ち運びがしにくい。

価格が酵素サプリより高いことです。

独特の甘さや、ドロッとしたテイストに飲みにくさを感じる人もいます。

おすすめ記事

記事一覧